キリスト教科学について/About Christian Science

キリスト教科学(クリスチャンサイエンス)は、すべての人にとって救いとなる教えです。キリスト教の師であるイエス・キリストの教えと癒しの証に基づいています。科学的に証明されるということは、理性と直観をもって日々実践できるということです。また、それは、物質を越えた霊的現実を見ることでもあります。それが、究極の科学です。霊的に物事をみることによって、限界や恐怖から解放されます。キリスト教科学の中心は、です。そのこそ唯一ので、すべての善の源であり、生命の源でもあります。そして、人はこの、神性のの似姿であり映像です。
キリスト教科学者は、旧約、新約聖書とキリスト教科学の教科書、『科学と健康ー付聖書の鍵』(メリー・ベーカー・エディ著)を牧師とし、その本を勉強し、祈ることによって得る霊感,霊的インスピレーションを生活の指針とします。

基本的理念には、次のものが含まれています:


  • は、神性のであり、父-母であり、至高である。
  • の子である各個人の実質は霊的である。
  • の無限の善意が祈りのうちに実感されるとき,癒しがもたらされる。
メリー・ベーカー・エディについて

Christian Science is a teaching that can support all humanity. Based on the teaching and healing works of Christ Jesus, this teaching is available to all. To prove these concepts scientifically means to be able to practice them daily with reason and intuition. This study allows us to see the spiritual reality beyond matter. This is the ultimate Science. Seeing our reality spiritually liberates us from limitation and fear. The heart and soul of Christian Science is Love. This Love is the one and only God - the source of all good and Life, and man is the image and likeness of God, divine Love.


For Christian Scientists, the Old and New Testaments and the Christian Science textbook, "Science and Health with Key to the Scriptures" by Mary Baker Eddy are their 24/7 Pastor. By studying these books and working through prayer, students of Christian Science are guided daily by spiritual sense and inspiration.


Basic concepts include the following

  • • God is divine Love, Father-Mother, supreme
  • • The substance of each individual, each child of God, is spiritual
  • • When God's infinite goodness is felt through prayer, healing is expected